外来を希望する理由

外来を担当する看護師は病院での診療時間が決まっている為、残業などのケースはあっても夜勤などがないことから、
最近は新卒の看護師でも外来を希望する方が増えている。

しかし、今の看護師はとかく無いものねだりで、この様な外来を担当する看護師からも、転職の希望が多くあがっている。

確かに、正規雇用の少ない現在は、派遣やアルバイトで生活する非正規雇用の労働者が増えている為、一生同じ仕事を続ける人は少ない。
これは本人が希望して転職を繰り返しているのではなく、今の求人雇用が安定した職場がないことに原因がある。

アベノミクスの政策では働く女性の支援を柱と掲げているが、今でも社会の常識は、男性が一家の収入の柱となることが当たり前とされている。
収入を支えなければならない男性の負担はとても大きい。
その為、現在正社員として一定の収入が確保できている男性が転職をするケースは少ない。

看護師の受験資格には、文部科学省や厚生労働省が指定する学校での教育が義務ずけられているが、
一体何の為に看護師の資格がわざわざ国家資格として定められているのだろう。

単に医療の補助を行う為の知識だけの教育なら、こんな受験資格に規制を設ける必要はない。
これらの規制を設けた職業が、夜勤を嫌がるなどの単純な理由で、転職を繰り返すのであれば、
真面目に看護助手として働く人たちに、看護師へのスキルアップの道を作る方が、より的確な人材の確保に繋がることは間違いない。

うっぷんは、病院職員ではないわたしのほうがたまっている。
看護師の数を増やすことに集中してほしいが、看護師へのスキルの高さばかり追い求めていないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です